もう一度見たい!あのころの学研

6月18日 配信予定!
内山安二 学研まんがコレクション① 表紙

内山安二 学研まんがコレクション①

著者:内山安二
掲載作品:①『量貫さんと弟子立太とそのなかまたちの物語』/②『不思議な国の元照さん』
掲載期間・媒体:①=「5年の科学」(1976)/②=「5年の科学」(1977)
おまけコンテンツ:5年の科学「編集部日記」(1976)

   

内容紹介:数々の学習漫画を執筆し、「科学と学習」でも、1960年代から1980年代終わりごろまで (「科学」においては最盛期にはほぼ全学年誌に)連載をもっていた内山安二先生。 そんな内山先生の膨大な作品群をまとめたのが、『内山安二学研まんがコレクション』です。第1弾には、「5年の科学」1976年4月号から連載された『量貫さんと弟子立太とそのなかまたちの物語』、「5年の科学」1977年4月号から連載された『不思議の国の元照さん』の2作品を収録しました。両作品とも、主人公は小坊主ですが、扱っているテーマはまったく別もの。前者は長さや重さなどを「はかること」で、後者は「科学の知識」でさまざまな問題を解決します。読めば大人でもびっくり、子供に教えたくなるようなお話がいっぱいです。また、巻末には「5年の科学」1976年度の編集部日記(編集後記)を収録。内山先生が編集部で起きた出来事を1ページで紹介する、当時の学年誌のまさにおまけコンテンツです。

Kindle商品詳細ページへ

学研まんが ひみつシリーズ できる・できないのひみつ 表紙

学研まんが ひみつシリーズ
できる・できないのひみつ

監修:佐々木宗雄 漫画:内山安二
初刷発行:1976年3月10日
おまけコンテンツ:『玄海とイドムンコスキー』第1話(著:内山安二「5年の科学」(1974))

内容紹介:「ひみつシリーズ」の人気タイトルとして、名前が挙げられることも多いのが、『できるできないのひみつ』です。本作は二部構成からなり、第一部は主人公のやっ太と変な外国人デキッコナイスたちが、「日本に百階建てのビルを建てられるか?」や「人間はどこまで深く海にもぐれるか?」など、科学や人間の限界をさまざまなアプローチから考察します。第二部はライト兄弟の飛行機の発明など、できないと思われていたことに挑戦した人々を紹介しています。本巻の見所は、やはり第一部のキャラたちが侃侃諤諤、時には殴り合いまでして「できるできない」を議論しあう熱い展開です。また、「ヤメレ! 食っちまうど!」や「デキッコナイッス!」など、内山作品を語るうえで欠かせない印象深い名ゼリフも随所に登場します。また、巻末には本巻のプロトタイプとも言える「5年の科学」1974年度作品『玄海とイドムンコスキー』の第1話を、おまけコンテンツとして収録しました。

Kindle商品詳細ページへ

今後もシリーズ作品続々!
各電子書籍ストアで好評配信中!

ページトップへ