この本は、田舎で「のんびり暮らす」ことを勧める本ではありません。 
田舎で、都会以上に「稼ぐ」ための本です!


私の経験からいうと、稼ぎたいなら、「田舎」のほうが断然、 有利です。 なぜなら、都会で夢破れて出戻ってきた私が、田舎で起業してみたら……、 30歳そこそこで大ブレイクしてしまったからなんです。 私は7年前、九州の熊本の片田舎で、たった一人で会社を興し ましたが、今では年商5億円に成長し、【年収1億円】に到達し ています。

意外に思うかもしれませんが、田舎に住んで、都会以上にガッ ツリ儲けている人って結構いるんです。 「頭のいいやり方」を考えて、「欲しい金額」を、「自分のペ ース」で稼いでいます。 そして、その人たちはみんな、青い顔をして眉間にシワを寄せ ていません。 きちんと稼いで、きちんと休んで、おいしいものを食べて、 満面の笑顔で人生を謳歌しているんです。

――本当に、そんな「うまい儲け方」があるのかって? それはぜひ、本書で確かめてみてください!
まだ、都会で貧乏やってるの?  
熊本で年収1億を稼ぐ32歳の「新しい働き方」
2014年8月19日
46判 208ページ
20~30代のビジネスパーソン
本体1,350円+税

株式会社吉角(旧社名:益城電池)代表取締役。 1982年、熊本県生まれ。高校時代に格闘技に目覚め、卒業と同時に上京し高田道場の門を叩く。30試合以 上の経験を積むもケガで中断、悩んだ末に格闘家の夢を断念。その後、東京・高円寺で専門学校に通いつ つバイト生活。パチスロにのめり込み100万円の借金を作るなど、荒れた生活を送る。

24歳で熊本に帰り、起業。自動車の再生バッテリーの通販事業を開始する。年商1億円を目指したものの、 北京オリンピックの影響で肝心の中古バッテリーが入手できず、1年目の年商は10万円。2年目以降は売上が 順調に伸び、会社設立7年目で年商5億円、自身の年収も1億円に到達。

現在は自動車用バッテリーの通販事業、蓄電システムや工事現場用バッテリーのレンタル事業などを経営するかたわら、ビジネスのフィールドを海外に拡張し、ベトナムを中心としたアジア各国、さらにはアメリカやヨーロッパと取引を開始。月の半分以上を海外で過ごしている。 また、地方の時代を牽引すべく、地元・熊本の若手企業家のリーダー役として勉強会、講演会などを主宰。「田舎起業」をテーマとした講演も実施中。

Gakken Publishing Co Ltd. All Rights Reserved.